転職活動時における面接試験の辞退について

転職活動中は複数の企業との面接を掛け持つ事になるため、面接日時が重なってしまうことも考えられます。面接の予定が入っている段階で、別な企業への採用が決定してしまい、転職活動が終了するということもあります。複数の企業に対して応募をしていた場合、そのうちの一つで採用が決まれば、その他の企業は辞退することになります。先に採用が決まったなどの理由で面接を受ける必要がなくなった時に、先方の企業にどういう話を切り出すべきでしょう。採用が決まったために、今受けている面接を辞退したい時は、速やかに連絡をしまょう。言い出しづらくて前日まで連絡しなかったという人もいますが、間際になっての連絡は失礼な行為に当たるものです。もちろん何も連絡をせずに辞退するということは、社会人としてマナー違反になるので、連絡は必ずするようにしましょう。応募を辞退すると決めたら、早めに先方に連絡をすることが、重要になってきます。面接の辞退をするときは、電話でも、メールでも構わないとされていますが、丁寧な断り方をしたい場合は、メールでの連絡をした後で、改めて連絡をすることで、相手の心象がそれほど悪くなりません。面接辞退を考えている会社が、これから採用される会社と同じ業種だったり、繋がりがある企業の場合は、丁寧な態度で接しておいても損はありません。なぜ面接を辞退するのか、電話口の場合は聞れる可能性もありますが、ありのままを話しても問題にはなりません。と何を聞かれるにしろ、話して困ったことにはなりませんので、他社に採用が決まった話も含め言っていいでしょう。いつからいつまで飲むのがいいのか